藝大アートプラザ「藝大の猫展2020」

藝大アートプラザ(東京・上野)で、「藝大の猫展2020」が始まりました。


この展覧会は、5〜6月にかけて行われる予定でしたが、コロナの流行の影響で延期となり、9月19日から、ついに開催の運びとなりました。


この展覧会に出品している私の作品は・・・


どん!


《猫耳UFOランプ》です。


透光性の磁器土を使用し、還元をかけて焼き上げました。

中にはLED電球が仕込んであり、スイッチでON/OFFの切り替えができます。


UFOの円盤が、ちゃんと、浮いているところがポイントです。


あかりを灯したところの写真がうまく撮れなかったので、またトライしてみます。



どどん!


《cat's eye(left)》

《cat's eye(right)》


猫の眼のかたちを見ていて、幾何学的構成のピンバッジの構想が浮かびました!


眼の中のアーモンド型の瞳孔の部分は、宝石のようなカットになっています。


眼に反射する光は、金彩で表現しました。

この光がふたつあるということは、光源がふたつあるということ。


明け方の、月と太陽かな?



どどどどどどどん!


《whitecat》


猫の顔のブローチ。眼の色が7種類あります。


眼のなかの光は、ハート形になっています。


実はこれは、ミケランジェロの「ダビデ像」を参照しています。

「ダビデ像」では、ハート形が彫り込まれて、その部分が影になり、瞳孔とそこに反射する光が表現されています。



どどん!


《pink cat (orange eyes)》

《blue cat (jade eyes)》

こちらは、カラフルに施釉したバージョンです!


以上、「藝大の猫展2020」への出品作をご紹介しました。


近々、オンラインショップにも登場しますので、お楽しみに ^._.^= ∫


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示